No.01
「日本語の談話マーカー「だろう」と「じゃないか」の機能 -共通認識喚起の用法を中心に-」 - 蓮沼昭子

1.はじめに

日本語の疑問表現の下位類型として「確認要求の表現」(国語研1960)「疑似疑問」(仁田1987)などと呼ばれるものがある.これは,自らが下した判断やその内容について,話し手が聞き手に対して同意・共感や受理・了解を確認するといった機能を有するもののことで,文末に「ね,な,よれ」や「だろう,じゃないか」などを伴う一連の表現がその代表的なものである。
 このような確認の形式の使用は,対話型の談話において顕著に認められるも
のである。講演,識義,物語のように一方的に情報を伝達する独話型と異なり,話し手と聞き手の情報が相互に作用しあう形で展開する対話型の談話では,話題となっている事態やその要素について,話し手と聞き手との間に共通了解が成立しているか否かが絶えず問題となるからである(cf. 田窪1990)。

続きはこちら»
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「日本語の談話マーカー「だろう」と「じゃないか」の機能 -共通認識喚起の用法を中心に-」- 蓮沼昭子
ダウンロード 848 KB
PDFアイコン
English Summary
The Function of Japanese Discourse Markers daroo and janaika - HASUNUMA, Akiko
Download 44 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート