No.02
「イメージ介入による漢字指導の試み」 - 福岡寿美子

1.はじめに

 日本語教育における漢字指導は、文法・文型説明等に多くの時間をとられ、限られた時間に追いやられがちである。また、一斉説明をする一方で、漢字は時間をかけて覚えるしかない、自分でやるしかないと学習者任せにされてきた傾向がある。特に、非漢字圏の学習者にとっては、漢字学習の負担は大きく、より効率的な漢字指導が必要である。

続きはこちら»
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「イメージ介入による漢字指導の試み」 - 福岡寿美子
ダウンロード 544 KB
PDFアイコン
English Summary
A Teaching Methods of Chinese Characters Recognition Through Image - FUKUOKA, Sumiko
Download 64 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート