No.03
「初級学習者の対するイメージ介入によるカタカナの指導について」 - 児島協子

0.はじめに

 日本語初級学習者に対する文字指導では、文法項目を習得することに力が注がれる傾向があるため、充分な学習時間が確約されにくいのが現状ではないかと思われる。また、全体的な日本語学習時間を考慮した上でも、漢字・仮名指導に積極的な時間配当がなされているとは言い難い。仮名指導においては、特に、「カタカナ」よりも「ひらがな」を指導することに重きが置かれている。そのため、クイズやテストなどの方法を用いた「カタカナ」の定着を確認する以前に、教科書の項目を学習するといった状況が見られる。

続きはこちら»
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「初級学習者の対するイメージ介入によるカタカナの指導について」 - 児島協子
ダウンロード 880 KB
PDFアイコン
English Summary
Teaching Beginners Katakana with the Help of the 'Image Method' - KOJIMA, Kyoko
Download 108 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート