No.03
「談話レベルに視点をおいた文法問題集作成の試み」 - 友松悦子・宮本淳・和栗雅子

はじめに

 日本語の予備教育における初級段階を終えた学習者は、よりレペルの高い日本語をめざして中・上級に進むことになる。初級日本語文法では、主として助詞や活用語の変化、一文が-つの単純’な機能を果たす文型などを扱うが、中・上級の段階で必要な日本語は、単なることばのキャッチボール的会話や、一文一文の、文としての正確さだけでは不十分で、当然のことながら、さらに複雑な構文、微妙な心情を述べるための表現形式、文脈内のきまりなどが学習の対象となる。

続きはこちら»
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「談話レベルに視点をおいた文法問題集作成の試み」 - 友松悦子・宮本淳・和栗雅子
ダウンロード 716 KB
PDFアイコン
English Summary
An Attempt at Japanese Grammar Tests and Practice in View of Discourse Structures - TOMOMATSU, Etsuko, MIYAMOTO, Jun, & WAKURI, Masako
Download 60 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート