No.04
「非漢字系日本語学習者に対する漢字導入法の検討 -眼球運動を通して-」 - 松原幸子

1.はじめに

 母語の表記にアルファベットを用いる非漢字系日本語学習者、特に初級学習者にとって、漢字を見ること、つまり「構成要素に基づいて漢字の見方を組織化すること」(トリーニ1992)は難しい問題であるという。「非漢字系学習者にとって日本語教育の初期に学習する漢字は文字と言うより無意味な点と線の交わりにすぎない」(安藤他1975)との指摘もある。さらに、日本人の小学生と異なり、日本語学習者はその「必要性」によって学習の早い段階からかなり複雑な漢字を学習する(石田1984)。従って非漢字系日本語学習者の場合、早い時期から複雑な漢字の字形を認識する能力が要求される。

続きはこちら»
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「非漢字系日本語学習者に対する漢字導入法の検討 -眼球運動を通して-」 - 松原幸子
ダウンロード 680 KB
PDFアイコン
English Summary
Studies of Kanji Introduction Methods for Non-Kanji Japanese Language Learners -Through Eye Movement- - MATSUBARA, Sachiko
Download 156 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート