No.04
「フランスにおける日本語教育の変遷と現状 -グルノーブル大学を中心に-」 - 白井智子

1.はじめに

 日本とフランスは、近年、政治、経済、文化などの様々な面において交流 が活発に行なわれている。また、語学の面においても、両国の言葉を学習するものが増えてきた。特にフランスでの日本語学習者の増加は目をみはるものがある。フランスにおける日本語教育は、1863年にレオン・ド・ロニーによって始めらた。それから約130年が経つが、残念なことにまだフランスで
の日本語教育は確立できていない。

続きはこちら»
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「フランスにおける日本語教育の変遷と現状 -グルノーブル大学を中心に-」 - 白井智子
ダウンロード 744 KB
PDFアイコン
English Summary
Past and Present of Japanese Language Education in France -Mainlly Grenoble Univerysity- - SHIRAI, Satoko
Download 76 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート