No.05
「高校留学生の日本語学習の到達度に関する縦断的研究」 - 村野良子

1.はじめに

 高校留学生(1)を担当する高校の先生からよく聞かれる質問は留学生の日本語の到達目標をどこに設定したらよいかということである。実際全く日本語を理解しない留学生が4月に登校したときに、一年後の言語能力の伸びを予測することはむずかしい。経験的に言われていることは、夏休みを境に留学生の日本語能力が急速に伸びろということ、その結果母国で日本語を学習してきた生徒は日本語能力試験の3級、全く日本語を学んだことのない生徒の場合は4級を受験する程度の言語能力を身に付けるのではないかということである。さらに最近1,2年は母国での日本語学習のレペルが上がったこと、ホスト校の指導が効をそうして到達レベルが上がってきているということも知られている。

続きはこちら»
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「高校留学生の日本語学習の到達度に関する縦断的研究」 - 村野良子
ダウンロード 904 KB
PDFアイコン
English Summary
Longitudinal Study of Japanese Language Learning by High School Exchange Students - MURANO, Ryoko
Download 112 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート