No.05
「漢字の学習機構と漢字記憶法に係わる問題」 - 髙木裕子

1.はじめに

 高木(1995)では、漢字の自律(立)的学習法を目指し、指導法ではない記憶法という立場から、仮説を導き出すことを目的に、問題の整理と情報処理理論からの考察を行った。慨要は次のとおりである。(1)これまで日本語教育で取り上げられてきた漢字指導法を教師側と学習者側に分け整理し直す、(2)漢字の構成要素の問題、漢字の構造と記憶の関係、記憶の各システム(感覚、短期・作業、長期)での漢字処理の問題、漢字と知覚連動機能やイメージとの関係をみる、(3)(1)(2)より現時点で最善だと思われる漢字学習法と教師支援のあり方を考える。

続きはこちら»
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「漢字の学習機構と漢字記憶法に係わる問題」 - 髙木裕子
ダウンロード 752 KB
PDFアイコン
English Summary
Issues Concerning the Learning Mechanism and Memorization method for Kanji - TAKAGI, Hiroko
Download 76 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート