No.05
「所有傾斜 日本語の敬語などに見られる所有の表現」 - 角田太作

 ご紹介いただきました角田と申します。小出先生にはじめてお会いしたのは、1971年、今から25年前になります。私は当時オーストラリアのメルボルンのモナシユ大学におりまして、オーストラリア原住民語を勉強しようという、本当は勉強しなかったのですけども(笑)、勉強しようという名目で、オーストラリアに行っておりました。修士課程にいた時に、ワロコ・語という言語を調べまして、1971年から1974年まで鯛ぺました。博士の時にはジヤルという言語なのですが、これを1975年に調べ始めまして、1978年に仰±号の輸文を提出しましたが、現在でも調査を続けています。ですから、私のもともとの学問的背景は、なんて言うと大げさなのですけと、出発はオーストラリア原住民語なのですが、後に言語類型鏡ということにに興味を持ちました。要するに、色々な言語を比べてどういう共通点があるか、どういう点が違うか、ということを見ようという字間ですが、格の問題とか、述語のタイプの問題、他動性、あと逆受け身文と呼ばれるボイスの-表現とか、語順、所有などについて、論文を密いたりしました。私の学問的背景といいますか、ひとつはオーストラリア原住民路、ひとつは言語類型輪なのですけども、この「所有傾斜」もその研究の-項です。

続きはこちら»
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「所有傾斜 日本語の敬語などに見られる所有の表現」 - 角田太作
ダウンロード 1500 KB
PDFアイコン
Possession Cline in Japanese Honorifics - TSUNODA, Tasaku
No English Version
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート