No.05
「「3段階教育実習」のすすめ:-教師養成課程半ばでの模擬授業の持つ意味とアンケートに見る受講生の意識変化-」 - 横林宙世

要旨

 教師養成においては、理論講座終了以前に実習の機会をできるだけ多く与え・理論と実践の統合を図ることが必要である。そのためには教壇実習以前に2段階の模擬授業を経験させる「3段階教育実習」が-つの可能性として考えられる。本稿では第1段階実習の教授法に組込んだ模擬授業の実践例と、その指導目標である実習生の日本語教育、教師などに対する気付きや意識変化について報告する。

続きはこちら»
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「「3段階教育実習」のすすめ:-教師養成課程半ばでの模擬授業の持つ意味とアンケートに見る受講生の意識変化-」 - 横林宙世
ダウンロード 676 KB
PDFアイコン
English Summary
A Proposal for a Three-Phase Practicum in Japanese: The Importance of Practice Teaching as Part of Teacher Training Education and Changes in Trainees' Perception of their Role - YOKOBAYASHI, Hisayo
Download 40 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート