No.06
「文脈把握にみる日本語母語話者と日本語学習者の接続表現比較」 - 坂東正子

1.はじめに

日本語学習者にとって、文脈展開に一貫性のある文章が書けることは、日本語の文章を作成する上での有効な能力である。とりわけ、留学生にとって、自己の主張を一貫性のある文脈展開に組み立てることのできる力は、講義や演習での課題レポートや論文作成などに必要な能力である。

続きはこちら>>
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「文脈把握にみる日本語母語話者と日本語学習者の接続表現比較」 - 坂東正子
ダウンロード 940 KB
PDFアイコン
English Summary
Comparison of Conjunctive Word Uses between Japanese Learners and Native Japanese Students in Contextual Reading - BANDO, Masako
Download 88 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート