No.07
「ドリル型CAI教材を利用した文法学習時における教師の役割 -効果的な指導法開発のための基礎研究-」 - 池田伸子

1.はじめに

 コンピュータの普及にともなって、日本語教育の現場でも様々なCAI教材が開発され、利用されている。その結果、コンピュータを利用した日本語教育の効果に関する研究も盛んに行われるようになってきた。
 日本語教育のためのCAI学習による効果に関する研究は、まだまだ数が少ないが、欧米では様々な教科教育の分野において、CAI学習の効果や問題点が研究されている.CAI学習の効果についての研究で最も数が多いのは、コンピュータを利用することによって、学習者ごとの個別学習が可能になったことに起因1.ろものであり、その他にも、学習者の学習動機が高まった、正確さが高まった等、様々か効果が発表されている。

続きはこちら>>
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「ドリル型CAI教材を利用した文法学習時における教師の役割 -効果的な指導法開発のための基礎研究-」 - 池田伸子
ダウンロード 608 KB
PDFアイコン
English Summary
The Role of Teachers During Grammar Learning Using Drill-Type CAI Teaching Materials -Basic Research to Develop Effective Instructional Methods- - IKEDA, Nobuko
Download 116 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート