No.08
「条件表現に関する日韓対照一考察」 - 名嶋義直

0.本稿の目的と考察方法

 日本語学習者において、韓国語母語話者の占める割合は高く、日本語教育関係者にとって韓国語は関係の深い言語の一つであるが、日本語教育の観点からの文法体系における対照研究は決して多くない。そこで、本稿では条件表現における日本語と韓国語との対照考察を行ない、両言語の形式選択基準の相違について論じることとする。そして、韓国語母語話者が日本語の条件表現を学習する際に生じうる問題点を予測し、選択基準についての「説明」の方法について提言する。

続きはこちら>>
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「条件表現に関する日韓対照一考察」 - 名嶋義直
ダウンロード 548 KB
PDFアイコン
English Summary
A Study of conditional in Japanese and Korean - NAJIMA, Yoshinao
Download 92 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート