No.10
「インタビュー法と参与観察法を用いた日本語教育研究の三つの事例」 - 岩崎弥生・今井美登里・吉田麻子

要旨

 本稿の目的は、三人の日本語教師が行った調在・研究の過程と内容を、事例を通して報告することである。三つの事例には、教育の場を出発点としていること、教室の外に目を向けて学習者や学習者を取り巻く問題を社会的コンテクストの中で見ようとしたこと、調査方法としてインタビュー法と参与観察法を用いたことの三つの共通した特徴があった。
 事例1では、外国人宣教師を対象としたインタビュー調査と教会の日曜礼拝での参与観察を仮説生成の過程に焦点をあてて報告する.1「例2では、公立小・中学校の日本語補習現場での調査方法の模索について報告する。事例3では、海外で行った、インフォーマントが多様な調査の概要を述べ調査の利点がデータ分析に与えた制約を報告する。これらの調査・研究は、出発点である教育の場への貢献を目指している。

続きはこちら>>
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「インタビュー法と参与観察法を用いた日本語教育研究の三つの事例」 - 岩崎弥生・今井美登里・吉田麻子
ダウンロード 704 KB
PDFアイコン
English Summary
Three Case Studies of Japanese Language Education Using Interviews and Participant-Observation - IWAZAKI, Yayoi, IMAI, Midori, & YOSHIDA, Asako
Download 144 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート