No.10
「OPIにおける韓国語話者の「の」の使用と習得」 - 坪根由香里

要旨

 本研究は韓国語話者のOPIデータを用いて、準体助詞「の」について自然発話での使用状況を調査し、その習得順序を探るものである。
調査の結果、本稿で提案した習得l順序は、1. の代用語、の名詞化、2. のだ(説明告白、説明教示)、のだが前置き3-1. のだが(終助詞、逆接)、3-2. のではないか(椎il1ll、主張)、4-1. のか説明求め、のだ強調、4-2. のだ感嘆、のか(自問、疑問)、というの(一般化内容)のではないスコープ、であった。その他、①上のレベルに行くほど使用カテゴリー数が増加、②上級上段階から「のだ」「のだが」の使用増に伴い全体の使用数が急増、③「のだから」は最も
習得困難、ということがわかった。

続きはこちら>>
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「OPIにおける韓国語話者の「の」の使用と習得」 - 坪根由香里
ダウンロード 736 KB
PDFアイコン
English Summary
Korean Speakers' Use and Acquisition of NO as Observed in Oral Proficiency Interview Data - TSUBONE, Yukari
Download 92 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート