No.11
「音声付き読解教材を利用した口頭発表指導 ー「目型」の発表から「耳型」の発表への転換ー」 - 工藤嘉名子

要旨

 「ブックレボート」形式の口頭発表は、文字教材に依存した「目型」の発表になりやすく、漢字語彙の読みや複合語のアクセントなどに、誤りや不自然さが生じやすい。そこで、本研究では、プックレポートにおける音声面での意識化と向上を目指して、学部留学生8名を対象に、朗読音声付き読書支援システム『新書ライブラリー』を用いた口頭発表指導を試み、その効果を検証した。中間発表と最終発表を比較した結果、漢字語棄の読みや複合語のアクセントなどに改善が見られた。また、音声面の向上は、音を意識した「耳型」の学習ストラテジーに支えられていることがわかった。以上の結果から、音声面での意識化を促す活動を指導に組み込むことにより、「目型」の発表から「耳型」の発表への転換が可能であると結論づけられた。

続きはこちら>>
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「音声付き読解教材を利用した口頭発表指導 ー「目型」の発表から「耳型」の発表への転換ー」 - 工藤嘉名子
ダウンロード 788 KB
PDFアイコン
English Summary
Oral Presentation Practice with a Multi-media Reading Support System: From an "Eye-oriented" Speech to an "Ear-oriented" Speech - KUDO, Kanako
Download 108 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート