No.11
「日本語版グレイディド・リーダーの開発に関する基礎的研究」 - ブレットレイノルズ・原田照子・山形美保子・宮崎妙子

要旨

 英語教育では、多読は有効であるとの報告が数多く、多読を可能にするグレイディド・リーダー(GR)が広く活用されている。GRは、語彙数や難易度により段階付けされた読み物であり、-作品中の語彙の95%が既知語からなる時、学習者は辞書なしに作品が楽しめ、同時に、残る5%の語彙を付随的に習得できるという。我々は多読が日本語教育でも有効であると考え、日本語版グレイディド・リーダー(JGR)を開発すべく英語版GRを参考に基礎的研究を始め、8段階4500語からなる語彙リストを作成、読み物を制作している。今後は、作品制作と同時に、英語と日本語の違いからJGRにどのような問題が生起するか検証していく必要がある。

続きはこちら>>
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「日本語版グレイディド・リーダーの開発に関する基礎的研究」 - ブレットレイノルズ・原田照子・山形美保子・宮崎妙子
ダウンロード 852 KB
PDFアイコン
English Summary
Towards a Framework for Japanese Graded Readers: Initial Research Findings - REYNOLDS, Brett, HARADA, Teruko, YAMAGATA, Mihoko, & MIYAZAKI, Taeko
Download 80 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート