No.11
「自然談話資料における日本語母語話者の「なんて」「なんか」「など」」 - 鈴木理子

要旨

  本稿は、「なんて」「なんか」「など」の使用実態と互換性を日本語母語話者による自然談話資料を対象に調べたものである。調査の結果、「など」は1例も現れなかった。また「なんて」と「なんか」は共に「など」の口語的な形とされているが、その使用に違いが見られ、格助詞に還元できるものは両形式に見られたが、「なんて」は「引用」に、「なんか」は文の成立に関わらないところに挿入されている場合が最も多かった。また、本来「引用」の機能を持たないはずの「なんか」が「引用」に使われている例も見られた。

続きはこちら>>
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「自然談話資料における日本語母語話者の「なんて」「なんか」「など」」 - 鈴木理子
ダウンロード 288 KB
PDFアイコン
English Summary
A Discourse Analysis: Focused on the Expressions Nante, Nanka and Nado - SUZUKI, Michiko
Download 20 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート