No.13
「ブラジルにおける在日経験帰国児童生徒(CAEJ)の日本語環境とモチベーション -ビリチーバ・ミリン市での事例を中心に-」 - 中島透・根川幸男

要旨

 本稿は、中島・根川によって2000年~2003年に実施された国際交流基金サン・パウロ日本語センター「ブラジルにおける在日経験帰国児童生徒(CAEJ)の日本語実態調査」にもとづいている。調査地の一つビリチーバ・ミリンの多くの帰国児童生徒は、帰国後2~8年経過しているにもかかわらず、高い日本語会話力を保持していた。それは、彼ら自身の日本語保持モチベーション(特に日本再訪の戦略)と地域の日本語環境(日本語・日本文化に対する家族・コミュニティの肯定的評価、-世の祖父母とのコミュニケーションなど)の相互作用が大きく働いていると考えられる。

続きはこちら>>
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「ブラジルにおける在日経験帰国児童生徒(CAEJ)の日本語環境とモチベーション -ビリチーバ・ミリン市での事例を中心に-」 - 中島透・根川幸男
ダウンロード 756 KB
PDFアイコン
English Summary
Japanese Language environment and motivation For CAEJ in Brazil - NAKAJIMA, Toru & NEGAWA, Sachio
Download 32 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート