No.21
「韓国人と中国人日本語学習者による音象徴語の意味理解」 - 飯田香織 、玉岡賀津雄

要旨
 本研究では,韓国人日本語学習者および中国人日本語学習者の音象徴語理解を比較 検討した。韓国人日本語学習者と中国人日本語学習者を対象に音象徴語の意味理解課 題と読解テストを行った。収集したデータから、性別・年齢・日本語学習歴・読解能 力で同じ韓国人と中国人をペアー・マッチング・サンプリング法によって 30 組作成し た。その結果、音象徴語の種類が正答率に強く影響していた。また、決定木分析の結 果、半数の 15 語が読解に影響しているが明らかになった。さらに、言語間差が見られ た音象徴語については、いずれも中国人母語話者の方が良くできていた。したがって、 日本語と類似の特徴を備えた音象徴語を持つ韓国語を母語とする韓国人日本語学習者 の中国語母語話者に対する母語の優位性は見られなかった。

続きはこちら>>
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「韓国人と中国人日本語学習者による音象徴語の意味理解」 - 飯田香織 、玉岡賀津雄
ダウンロード 423 KB
PDFアイコン
English Summary
Semantic Understanding of Sound-Symbolic Words by Native Korean and Chinese Speakers Learning Japanese by IIDA, Kaori, TAMAOKA, Katsuo
Download 16 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート