No.23
「コンピュータを媒介したピア・レスポンスの実践と評価 ―対面による活動との比較を通して―」 - 田中信之

要旨
 ピア・レスポンス実施の際、時間的制約がある。この問題を解決するため、コンピュータを媒介したピア・レスポンス(以下、CMPR)を導入した。中・上級学習者11名を対象に教室内で対面によるピア・レスポンス(以下、FFPR)を実施した後、授業外の自由な時間に自宅等でやりとりできる非同期型のCMPRを実施した。そして、作文評価、フィードバック、学習者意識の観点からCMPRとFFPRを比較分析した。その結果、?CMPRよりFFPRのほうが活動後の推敲により作文評点が向上する傾向があり、?CMPRはFFPRより問題点を指摘するフィードバックが有意に少なく、?学習者はCMPRよりFFPRを好む傾向があった。これらの結果から、両活動の同期・非同期の違いが影響していることが示唆された。非同期型のCMPRはFFPRと性質が異なることを認識し、書く動機づけを高め、学習者の自律性を促す改善を行う必要がある。

続きはこちら>>
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「コンピュータを媒介したピア・レスポンスの実践と評価 ―対面による活動との比較を通して―」 - 田中信之
ダウンロード 808kb KB
PDFアイコン
English Summary
Computer-Mediated and Face-to-Face Peer Response in JSL Writing - TANAKA, Nobuyuki
Download 139kb KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート