No.25
介護福祉士国家試験の筆記試験における文法・語彙項目の分析 ―日本語能力試験の観点から― - 大場美和子

要 旨
本研究の目的は、介護福祉士国家試験の筆記試験における文法・語彙項目を対象に、日本語能力試験の観点からレベル判定を行って特徴を明らかにし、外国人介護福祉士候補者の効率的な日本語学習のための基礎的なデータを提示することである。分析で は、 6回分の筆記試験(各 120 問)を対象に、文法項目は旧日本語能力試験の出題基準に従って各形式の総出現数を集計し、語彙項目(動詞・名詞)は形態素解析により品詞別に集計してレベル判定を行った。分析の結果、文法は限られた 2 級の項目が使用される点、語彙項目は級外に至るまでの専門語彙が多数出現する点が明らかとなった。また、カバー率と出現頻度数の集計より、その出現のありかたは試験による差が観察される点も明らかとなった。これまでは主に語彙の分析から専門語彙の難しさが指摘されていたが、本研究により、文法・語彙項目の両者の実態が旧日本語能力試験の観点から明らかになったといえる。

続きはこちら>>
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
介護福祉士国家試験の筆記試験における文法・語彙項目の分析 ―日本語能力試験の観点から― - 大場美和子
ダウンロード 958 KB
PDFアイコン
English Summary
An Analysis of the Grammar and Vocabulary Used in the State Examination for Certified Care Workers: From the Perspective of the Japanese-Language Proficiency Test - OHBA, Miwako
Download 742 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート