No.28
日本語を主専攻とする台湾の大学生が日本語教師に期待すること −日本語学習目的との関係− - 山田美保(名古屋外国語大学大学院生)

要旨
本稿の目的は、日本語を主専攻とする台湾の大学生が日本語教師に期待することと、その期待することと学習目的との関係を明らかにすることである。1,165 名のアンケートの回答を分析した結果、大学生が期待することは?専門性と教師としての態度、?学習者への配慮、?学位と指導経験、?人間性の4 つに大きく分けられることが分かった。さらに、本調査対象者の主な日本語学習目的は9 つあり、特に「就職」のためという実利的な目的が最も多かった。加えて、学習目的と教師に期待することとの関係については、一部の目的では違いがみられたものの、主要な目的では、大きな違いはみられず、どのような目的を持って学習していても、教師に期待することはあまり変わらないということが分かった。このような本調査結果を、台湾の大学における日本語教師一人一人が学習者とのインターアクションの取り方を考えるきっかけにしたり、実践の場で活用してほしいと考えている。

続きはこちら>>
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
日本語を主専攻とする台湾の大学生が日本語教師に期待すること -日本語学習目的との関係- - 山田美保(名古屋外国語大学大学院生)
ダウンロード 1000 KB
PDFアイコン
English Summary
Ideal Image of Japanese Language Teachers for Taiwanese Students Majoring in Japanese Language: Relationship to Reasons for Language Study - YAMADA, Miho
Download 124 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
2019 No.27 ・2020 No.28
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート