No.01
「英語教授法を取り入れた日本語教育の問題」 - 小田眞幸

1.はじめに

近年の日本語教育の発達に伴い,海外で開発された数多くの言語教授法や教授理論が棟々なルートを経て日本に紹介されてきている。それらは主に英語圏で英語教育用に開発されたもので,多くの場合,英文の文献が日本語に翻訳されたもの,または日本人の専門家によってはじめから日本語でまとめられ解説されたもののいずれかを通して日本語教師に紹介されている。本稿では,日本語教師がこれら英語圏の教授法を輸入し日本語教育に取り入れるにあたって生ずる様々な問題点を輸入の過程で生ずる問題、言語教授のレベルの違いにより生ずる問題の二つのグループに分け,それぞれ実例を交えながら述べる。最後に日本語教師が教室にこれらの教授法を取り入れる際に注意しなければならない点について言及する。

続きはこちら»
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「英語教授法を取り入れた日本語教育の問題」 - 小田眞幸
ダウンロード 492 KB
PDFアイコン
English Summary
Importing TESL Methods to JSL Classrooms: Some Suggestions for Teachers - ODA, Masaki
Download 492 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート