No.03
「マルチメディア教材『買い物ハイパータウンで』の開発 -日本語初級段階の学習者のための数と数詞の学習」 - 鈴木美加・南之園博美・草野宗子

1.研究の背景

 近年、マルチメディアの教育利用について論じられるようになり、日本語教育の分野においても、映像、画像や音声などを組み合わせた教材が作られるようになっている。しかし現在のところ、中野(1994a)が述べるように、「マルチメディア」の意味やその特長、その教育的活用に関して、必ずしも共通の理解が成立しているとは言えない。ここでは、マルチメディアとは、「音声、文字、画像情報などを、学習者または教師が必要に応じて情報を選択し、関係づけ、活用することのできる融合型のメディア、または技法である。」(中野1994a)と捉え、マルチメディア教材により、学習者が主体的に目標を設定し、学習を進めていくことを重視する立場を取ることとする。

続きはこちら»
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「マルチメディア教材『買い物ハイパータウンで』の開発 -日本語初級段階の学習者のための数と数詞の学習」 - 鈴木美加・南之園博美・草野宗子
ダウンロード 728 KB
PDFアイコン
English Summary
"Shopping in Hypertown" : a Multimedia Program on Numbers and Counters for Beginning Students of Japanese - SUZUKI, Mika, MINAMINOSONO, Hiromi, & KUSANO, Muneko
Download 48 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
2019 No.27
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート