No.07
「読解テストの難度に関する研究」 - 齊山弥生

1.はじめに

 日本語教育において学習者の日本語力を測る能力テストの難易を安定させることは、テストの信頼性のために不可欠であるが、このことはテストの目的が学習者の日本語力の伸びを測定することである場合、とりわけ大きな意味を持ってくる。しかし、測定する能力が「読解能力」のように複数の下位能力の複合結果と考えられ、直接観察が不可能な能力であるとき、それを測定するテストの難易を客観的に規定するのはきわめて難しい。

続きはこちら>>
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「読解テストの難度に関する研究」 - 齊山弥生
ダウンロード 772 KB
PDFアイコン
English Summary
A Study on the Difficulty of Japanese Reading Tests - SAIYAMA, Yayoi
Download 60 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート