No.12
「学習者同士のインターアクションにおける学びの実態」 - 保坂敏子・奥原淳子

要旨

 近年、インターアクションは「学びは他者との相互交渉の中で実現する」とする学習観からその重要性が注目されている。そこで、本研究では、中級後半から上級前半レベルの学習者同士のインターアクションで、実際に学習者が何をどう学んでいるのか記述・分析した。その結果、学習者は「交流活動を計画する」「自分たちの経験を報告する」という現実的な課題遂行の過程で、他の学習者・教師・辞書等をリソースとし、言語に関わることおよび言語以外のことについて主体的学びを進めていることが分かった。そして、インターアクションが、認識の変容・形成、といった自己の変容と同時に、それらが他者との関係性の変容へとつながる可能性を生む活動であることも示唆された。

続きはこちら>>
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「学習者同士のインターアクションにおける学びの実態」 - 保坂敏子・奥原淳子
ダウンロード 888 KB
PDFアイコン
English Summary
A Study of Learner-Learner Interaction: What and How Do Learners Learn? - HOSAKA, Toshiko & OKUHARA, Junko
Download 76 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート