No.19
「聞き手としての行動の母語転移の可能性 ―物語伝達時の相づちとうなずきの使用の分析―」 - 半沢千絵美

要旨

 本稿では聞き手としての言語的・非言語的行動である相づちとうなずき
に焦点をあて、学習者が母語(L1)と外国語(L2)で聞き手となる際に、 相づちとうなずきをどのぐらいの頻度で、また、どこで使用しているのか を調査した。これまでの研究では、自由会話のデータをもとに相づちの使 用が分析されている場合が多かったが、自由会話では発話順番の交代 (turn-taking)が起こるたびに話し手と聞き手の役割も交代するため、聞 き手の行動のみを比較しにくい。本稿では、英語(L1)と日本語(L2)の 物語伝達というディスコースを設定し、4人の中上級日本語学習者に英語と 日本語で物語を聞いてもらい、picture-ordering タスクを実施した。相づ ちとうなずきの頻度と出現位置を分析したところ、全ての学習者にL1とL2 で共通する傾向がみられた。また、日本語の相づちの頻度が母語話者より も高かった学習者に関しても、出現位置はL1の傾向を保持しており、母語 転移の可能性が示唆された。

続きはこちら>>
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「聞き手としての行動の母語転移の可能性 ―物語伝達時の相づちとうなずきの使用の分析―」 - 半沢千絵美
ダウンロード 874 KB
PDFアイコン
English Summary
Pragmatic Transfer in Listening -Analyzing JFL Learners’ Backchannels and Head Nods During Narrative Story Telling - HANZAWA Chiemi
Download 263 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート