No.20
「中国語を第一言語とする日本語学習者の漢語連語と和語連語の習得 -中国語と同じ共起後を用いる場合と用いない場合の比較-」 -小森和子、三國純子、徐一平、近藤安月子

要旨
 日中同形語は、日本語と中国語の意味的関係に基づき、S語(同義語)、D語(異義語)、O語(類義語)に分類される。S語は日中両言語で同義とされているが、取りうる共起語は必ずしも一致しない。中国語で可能な共起でも(整理头发)、日本語では漢語とは共起できず(髪の毛を整理する)、和語を用いなければならないものもある(髪の毛を整える)。本研究では、中国語を第一言語とする日本語学習者が、日本語のS語で中国語と同じ共起語がとれるものととれないものをどの程度正しく弁別できるか、また、共起語によっては、漢語ではなく、和語でなければ成立しない連語形式を、どの程度習得できているかを明らかにするために、92名を対象に調査を行った。その結果、中国語と同じ共起語がとれない語については、日本語能力試験1級以上の超級者でも習得が進んでいないことが示された。また、中国語の知識を和語にも転用する傾向があることが明らかとなった。

続きはこちら>>
(PDFダウンロード)
PDFアイコン
「中国語を第一言語とする日本語学習者の漢語連語と和語連語の習得 -中国語と同じ共起後を用いる場合と用いない場合の比較-」 -小森和子、三國純子、徐一平、近藤安月子
ダウンロード 377 KB
PDFアイコン
English Summary
Acquisition of Japanese-Chinese Lexical Homographs and Japanese-origin Words by Chinese Native Speakers Learning Japanese: Investigation of the Differences between Chinese Collocation and Japanese Collocation - KOMORI Kazuko, MIKUNI Junko, XU Yiping, KONDOH Atsuko
Download 134 KB
検索

年代別に閲覧する
1993 No.01 ・1994 No.02
1995 No.03 ・1995 No.04
1996 No.05 ・1998 No.06
1999 No.07 ・2000 No.08
2001 No.09 ・2002 No.10
2003 No.11 ・2004 No.12
2005 No.13 ・2006 No.14
2007 No.15 ・2008 No.16
2009 No.17 ・2010 No.18
2011 No.19 ・2012 No.20
2013 No.21 ・2014 No.22
2015 No.23 ・2016 No.24
2017 No.25 ・2018 No.26
カテゴリ別に閲覧する
講演
論文
実践報告
調査報告
教材紹介
研究ノート